2018年4月29日日曜日

”安産祈願”に「下総の農家」で「犬供養」


4月28日(土)に下総の農家において「犬供養」を行いました。
「犬供養」とは、女性が安産を願い犬の供養をする行事です。
安産祈願で犬の供養を行うのには、犬は「お産が軽い」と考えられており、
それにあやかりたいという思いが込められています。

利根川下流域の犬供養では、「犬卒塔婆」または
「ザガマタ」と呼ばれるY字型の木に供養の文言を書き、
道の分かれている所に立てる風習が見られます。
ザガマタ

房総のむらでは印旛郡栄町龍角寺の事例を再現しており、
ネムの木を削って供養の文言を書いた「ザガマタ」を
村はずれの道の分かれている所に立て、
握り飯を入れた「ツトッコ」と呼ばれる藁束を掛けます。

実演ではありますが、来館者の方にも参加していただき一緒にお供えをしました。
年に1回の行事ですが、偶然にも近々出産を控えている方や、
お孫さんが生まれる予定の方などにご参加いただき、不思議なご縁が感じられます。

無事に元気なお子様が生まれますようお祈りしています。(は)


0 件のコメント:

コメントを投稿