2018年12月11日火曜日

大雪(二十四節気)熊蟄穴(七十二候)12月12日~16日 ”わらのリース” ”下総のお飾り” 講演会も”しめかざり” ”茅葺屋根”葺き替え ”江戸野菜鍋”

 ”師走”に入り、今年も残り少なくなってきて何かと忙しくなってきました。”北国”では大雪の情報も聞かれ、七十二候は「熊蟄穴(くまあなにこもる)」になります。「房総のむら」では動物などの”冬眠”を確認できませんので、そろそろおしまいだと思いますが、店先で”鉄瓶”から”湯気”も立っている「茶店」の”モミジ”です。温暖な”房総”ならではの”初冬の風景”です。
 「商家の町並み」「細工の店」での「間野政勝」さんの「ざる・かご」作りの実演です。随分浅い入れ物のようでしたので確認すると、「”うなぎ”を入れる”かご”の蓋のような物でしょうか」との答えでした。この日も見事な”手さばき”で実演を披露していただきました。実演は午前中で、午後には体験の指導もしていただきました。
 「商家の町並み」「酒・燃料の店」では、「果樹酒・健康酒造り(ゆず酒)」の紹介が行われていました。指導の「菅谷敦子」さんが、並べたいろいろな”健康酒”の説明をしてくれました。この日の演目の”ゆず”については、「”ゆずの種”も栄養価が高いのですよ。利用価値があります。そんな紹介もしますよ。」とのことでした。
 「上総の農家」の「わらのリース」作りです。材料は、稲穂が出る前に”青刈り”して”天日干し”した”お正月飾り”を作る”わら”と同じものを使用します。ですから、ほんのり緑色が残っています。「上総の農家」でも15日・16日にはお正月の「お飾り作り」の体験がありますが、その”わら”と”お飾り”を作る技術を使った新しい演目です。体験されたお子さんのお母さんは「お正月のお飾りに」とおしゃっていましたが、出来上がった”リース”には何も飾りが付いていません(写真:左)ので、お好みでいろいろ付けて飾ることができます(写真:右)から、”お正月飾り”だけではなく、”ヒイラギ”などをつければ”クリスマス”などにも使えると思います。
 こちらは、「下総の農家」の”お正月”の「お飾り」作りの体験です。「下総の農家」で作る”お飾り”は、「房総のむら」の地元栄町など下総地方で一般的な”ゴボウジメ”です(写真:上)。”ゴボウジメ”は、一方が太く反対側に向かって細くなっていきます。このほかに、”輪飾り”も作っていただきました(写真:下)。
 「風土記の丘資料館」2階で開催中の「正月を迎える」の展示では、県内の”お飾り”だけではなく全国各地の”お飾り”も展示しています。代表的なものを紹介すると”伊勢の飾り”(写真:上左)は、一年を通して飾られているものです。撚り始めが左になるのが特徴で、”出船飾り”と呼ばれるそうです。ほかには福岡県の”竹じめ”、”宝珠”の輪郭をかたどった宮城県の”ホシノタマ”(写真:中左)、島根県の”鶴と亀”(写真:中中)、香川県の”五社”(写真:中右)、山形県の”俵じめ”(写真:下左)、蛇がとぐろを巻いたような広島県の”しめ飾り”(写真:下中)、まさに鶴が羽を拡げたような福岡県の”紅鶴”(写真:下右)など多数展示しておりますので、ご覧ください。
 と、いうことで、9日には企画展「正月を迎える」の関連行事二つ目の講演会として、しめ飾り研究家・グラフィックデザイナーの「森 須磨子」さんをお招きしました。「森」さんの講演のタイトルは「しめかざりー各地の多様な形とそこに込められた思いー」です。お話は、〇しめかざりって何 〇しめかざりのかたち 〇装飾を取ってみる 〇しめかざり探訪 という流れで進められました。”しめなわとしめかざり”の話から始まり、全国の”しめ飾り”の事例を示しながらいろいろな”しめ飾り”があることを紹介していただきました。〇しめかざり探訪では、12月末から準備されお正月に飾られる全国の”しめ飾り”を求めて、毎年数か所づつ数分刻みで巡っている苦労話などもありました。本来ならば、お正月を迎えた後は”どんどやき”などで燃やしてしまう”正月飾り”ですので、いつでも見られるものではないので調査にも苦労しているようです。講演会最後の、「新年の思いは人それぞれ」(新年を迎えるにあたっての)「選手宣誓」「人の数だけしめ飾りはある」ということばが印象に残りました。
 来館者の皆様には、ご迷惑をおかけしておりますが、「下総の農家」の「木小屋」の”茅葺屋根”の改修工事が始まりました。「木小屋」は、「主屋」などに比べると小さく2間(けん)(約3.6m)×3間(約5.4m)の”茅葺屋根”の建物です。今回は、”茅葺屋根”が傷み雨漏りするようになってきましたので、屋根全体を吹き替えることになりました。はじめに、現在の傷んだ”カヤ”をすべて除去し(写真:上)、雨漏れで腐った個所を新しい部材で修繕しました(写真:中左)。その後、屋根材の上にのせられた”竹材”も傷んだものは交換し(写真:中右)、部材に固定する”縄”も新たに結び直しました(写真:下)。時間の経過とともに、”繩”も「しょうがぬけて」でちょっと引っ張るとちぎれてします程”ボロボロ”になっていました。”縄”の結び方は”つぼむすび”というそうです。ただ縛っているようですが、皆同じく結ばれきれいに並んでいます(写真:下右)。
 「上総の農家」の”大根と人参”です。”大根”は二股に分かれ、まるで人間の足のようです。「上総の農家」では、以前からこんな形の根菜類が収穫できた時には、近くの「庚申様」にお供えしてきたそうです。”人参”は、人参とは思えないほど大きく成長しました。品種は、”江戸野菜”として栽培している”子安三寸(こやすさんずん)”です。”三寸”ですから、普通ならばおよそ10cmほどなのでしょうが、なんと20cmほどに大きくなっていました。今年の秋は、根菜類にとってはよかったのでしょうか?
 そんな”江戸野菜”で、今年も栄町主催の「少子化克服なべまつり」に参加しました。「なべまつり」には、10店舗ほどのが出店がありましたが、「房総のむら」は具材に「むら」で収穫した”大根”や”人参”、”牛蒡”などを使用し”みそ仕立て”にした”江戸野菜鍋”です(写真:上右)。”江戸野菜”の甘みのある、おいしい”鍋”に仕上がりました。スタッフも”てんてこ舞い”の中、大変好評で昼過ぎには完売してしまいました(写真:中)。この日は、近くの「大鷲神社」の”酉の市”も開催されて(写真:下左)おり、また、平成26年に復活された女性の方だけが引く「大鷲神社」境内に祀られている「魂生(こんせい)大明神」の”御神体”の曳き廻しも行なわれ(写真:下右)、会場周辺は大勢の方であふれていました。

2018年12月9日日曜日

寒暖上手 四


強い寒気の影響で、寒い一日です

この前修理した茶店の七輪に鉄瓶をのせ

ゆらぐ湯気を眺め、どら焼きをほおばり

などとくつろいでいる場合ではありません

「上総の農家」の果樹園で、梅の剪定作業です

昔から「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉があるように

梅は、枝がよく成長するので、余計な枝を剪定しないと、花のつきが悪くなると言われます

「パチン」「クヮッン」と鋏の音が響きます

まっすぐ伸びた「徒長枝」ばかりを集めてみました(や)

2018年12月7日金曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発して、上総の田んぼ、竹林の坂、上総の農家、むらの架け橋、上総の畑、武家屋敷裏、復元竪穴住居の周辺を巡り観察しました。

●秋の果実を沢山観察できました。
 アオツヅラフジ、ノササゲ、イボタノキ、ツルウメモドキ、サカキ、ナンテン、ヒヨドリジョウゴ、ガマズミ、カマツカ、シロダモ、ムラサキシキブ、サネカズラナなどです。
 ノササゲの果実は皮が紫で、中の種子も紫です。

●ツル性の植物はいろいろな方法で這い上がりますが、ツタは吸盤で吸い付き這い上がります。

●ジンチョウゲやソシンロウバイのツボミが膨らみました。

●雌雄異株のハマヒサカキは、今年強く剪定された後も雌花と雄花がまだ咲いていました。

●資料館裏の広場の周辺には、ガマズミ、カマツカ、シロダモ、ムラサキシキブが隣り合って生えていました。

●センブリの花は終わりの時期です。来年花を咲かす2年草として根生葉が沢山生えていました。

●シジミチョウの仲間のムラサキシジミは、成虫で越冬します。

--------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。11月30日(金)の観察に基づいています。(風)



※自然観察会のお知らせ
 自然ガイドボランティアでは、月に一回、土日のいずれかを利用して来館者を対象とした「自然観察会」を開催しています。
 12月は下記の予定で行いますので、興味のある方是非ご参加下さい。

○日時 : 12月9日(日)午後1時30分から1時間程度(雨天中止)
○集合場所 : 総屋前
○今月のテーマ : 「初冬のむらを彩る植物」
○参加費 : 無料(むらの入場券必要)

2018年12月6日木曜日

大雪(二十四節気)閉塞成冬(七十二候)12月7日~11日 ”冬支度” ”祝い菓子” 講演”正月の民俗学” ”懸の魚” ”成田国際高校ブラバンコンサート” ”紅葉狩り”の時季

 このところ12月とは思えないような暖かい日が続きましたが、そろそろ本格的に寒くなってきますかね。七十二候は「大雪」になり、二十四節気は「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」になります。天地の気が塞がって冬となる時季だそうです。先日の「商家の町並み」です。空も厚い雲に覆われ、どんよりとした寒々しい日でした。
 そんな日、「上総の農家」の「土蔵」の屋根に”アオサギ(青鷺)”が舞い降りました。”アオサギ”は「堀割」等にも時々飛来して、餌を探しているようです。もう少し近くから撮りたいと思ったのですが、飛び立ってしまいました。
 この日の「農家」の「新鮮野菜」です。「下総の農家」では、もうそろそろお終いでしょうか”食用菊”(写真:上)や”春菊”(写真:中左)などを収穫していました。「上総の農家」では”小松菜””ほうれん草”(写真:中右)に”大根”です。”大根”は準備をしている最中にもお買い上げです(写真:下)。これからは、”鍋”がおいしくなる季節ですね。「房総のむら」もこれらの新鮮な野菜を持参して、12月9日に開催される栄町主催の「少子化克服なべまつり」に参加します。是非、「房総のむら」特産の”江戸野菜”をご賞味ください。
 「下総の農家」では、早々と”冬支度”です。”シュロ(棕櫚)”は、お化けのように”ワラ”で覆われました(写真:左上)。畑の”サヤエンドウ(絹莢、莢豌豆)”などの豆類には、”霜よけ”のために”ワラ”が敷かれ葉が付いた”篠棒”も立てられました(写真:右上)。”ラッキョウ(辣韭)”(写真:下左)と”タマネギ(玉葱)”(写真:下右)の根元には、保温のために”籾殻”が撒かれました。昨年は、この時期には既に”霜柱”も立っていたのですが、今年はまだ見ていません。今年の冬は暖かいとの予報もあるようですが、どうでしょうか。
 「商家の町並み」「お茶の店」の「玄米茶作り」の体験です。「房総のむら」では、炭火の入った”七輪”の上の”焙烙(ほうろく)”(写真:上左)で素材を炒って”玄米茶”を作ります。まず、”焙烙”に”モチ米”を入れて焙じます(写真:上右)。少し経つと、”モチ米”が弾けて白い花が咲いたようになります(写真:中左)。そこに主役の炒った”玄米”を入れ(写真:中右)、さらに炒ります。最後に”茶葉”を加えます(写真:下左)。出来上がったら(写真:下中)、ビニール袋に入れて”抹茶”を少し加えて(写真:下右)「むら」の”玄米茶”の完成です。全体にうっすらと緑色がかった感じになります。”玄米”の香ばしくと”お茶”の香りのする、おいしい炒り”玄米茶”ができました。
 「商家の町並み」「菓子の店」では、天明元年(1781年)創業の匝瑳市「鶴泉堂」9代目店主の「大川功修」さんによる「祝い菓子」の実演です。「祝い菓子」とは、”米粉”、”砂糖”などを練り合わせて着色し、”木型”で押し固めた”干菓子”です。いわゆる”落雁(らくがん)”です。めでたい絵柄の”落雁”は、昔は祝い事には欠かせないものでした。今回は展示用に、”お正月”にふさわしく”伊勢二見浦”の”夫婦岩”の”初日の出”(写真:中左)と、”鶴”(写真:中右)を作っていただきました。そして、「大川」さんが”何気なく”使っている、展示もさせていただいた”木型”がすごいのです(写真:下)。中には、大正4年(1915年)に皇太子殿下の(大正)天皇即位を祝って作った時の”木型”や、江戸時代から200年くらい使用されているのではないかという”木型”などもありました。まさに、受け継がれてきた歴史と伝統の「祝い菓子」作りの実演です。
 「風土記の丘資料館」2階では、今年の企画展「正月を迎える」が始まっていますが、2日には国立歴史民俗博物館民俗研究系教授「小池淳一」さんをお迎えして「正月の民俗学」と題する講演会を開催しました。はじめに、私たちにも馴染みのある”小正月”について”大正月”との比較で解説していただき、本論では 1 正月はいつから 2 白い正月と赤い正月 3 正月ではないのに 4 正月を動かす と、大きく4つの視点から”正月”を説明していただきました。中でも私的には、「一日は朝から始まるのではなく前夜から始まる、新年も大晦日ら始まる感覚があった」。また、「明治5年12月2日までは旧暦で、翌日が明治6年1月1日に改暦されたが、それまでの生活習慣に密着した旧暦をなぜ西洋の新暦に変えたか」など興味ある話がたくさんありました。9日には、”グラフィックデザイナー”で”しめかざり研究家”としても知られる「森 須磨子」さんをお招きして「しめかざり」について講演いただく予定です。是非、ご参加ください。
 こちらは、企画展「正月を迎える」の担当職員による解説会の様子です。来館者だけではなく、館職員も「お正月」の勉強です。この時は、企画展会場を入った正面に再現展示された「懸の魚(かけのい)」の解説をしていました。毎年「上総の農家」や「安房の農家」の”正月飾り”でも、”昆布”、”するめ”、”鮭”など海産物を下げる事例を展示しますが、今回企画展で再現したのは千葉県館山市相浜の地区で見られる神棚の”正月飾り”の様子です(写真:上)。下げられているのはいずれも”南房総”の近海で獲れた魚などで、”イセエビ(伊勢海老)”は腰が曲がるまでの長生きを、塩漬けされた”カツオ(鰹)”は”勝男”にかけているのだそうです。しかし、現在はこのような”正月飾り”をする家庭は少なくなってきているようです。皆さんのご家庭ではいかがですか。来年の正月は、地域に伝えられた伝統的な”正月飾り”を飾ってみてはいかがですか。新年を迎える気持ちが、いつもの”お正月”とは違った新鮮な気持ちになれるかもしれませんよ。
 ”小春日和”の2日に、重要文化財「旧学習院初等科正堂」で「成田国際高等学校吹奏楽部」の「ブラスバンドコンサート」を開催しました。「成田国際高校」の「吹奏楽部」の演奏会は、昨年に続き2回目になります。コンサートでは、クリスマスに因んだ曲などを休憩なしに1時間近く演奏していただきました。とにかく、生徒さんが皆さん明るく、はつらつとしてして、元気なのです。笑顔が絶えません。見ている私たちもなぜかうれしくなります。生徒さんに合わせて体も動き出しそうになりました。そして、元気も分けていただいたような気がします。ブラボー!
 「成田国際高等学校吹奏楽部」のレベルが高いことは皆さんもご承知だと思いますが、今年も「千葉県吹奏楽コンクール高等学校A部門」本選大会出場など各種大会で上位入賞されているそうですが、この日も見事な演奏でした。個々の生徒さんを見ると、皆さん自分のパートを自信をもって真剣に演奏されていました。そこがレベルの高さの原点なのでしょうね。秋の気配が色濃くなってきた「旧学習院初等科正堂」に、「房総のむら」に力強い音色が響きわたっていました。大勢のお客様にも満足いただけた”すてきな演奏会”でした。「成田国際高等学校吹奏楽部の皆さん、ありがとうございました。」
 「風土記の丘」エリアの”モミジ”も、ここ数日でほぼ色づきました。雑木の葉も黄色に色づき、今が一番の見頃の時季でしょうか。
 「風土記の丘」エリアの”モミジ”は、林の中なのであまり塩害の影響は受けなかったようですが、それでも散策中の方が「モミジの色づきが例年より悪い」とおっしゃっていました。
 そして、”モミジ”が燃えるように真っ赤に色づいた「堀割」近くの”モミジ”に、大勢いの方がカメラを向けていました。「房総のむら」も”紅葉狩り”の時季です。
 隣接する成田市の「坂田ヶ池総合公園」の「坂田ヶ池」越しに見た「龍角寺101号墳」が所在する”雑木林”です。今年も「坂田ヶ池」に”オシドリ(鴛鴦)”が飛来したとの情報があったので確認に向かったのですが、”オシドリ”は確認できませんでした。しかし、そこで目に飛び込んできたのが、この景色です。”埴輪”の並んだ「龍角寺101号墳」のある林が一つの山のような形で色づき、「坂田ヶ池」に逆さに映り込んでいました。

2018年12月5日水曜日

寒暖上手 三


昨日、12月4日は南からの風が吹き

アメダスによる成田の最高気温は、なんと23.8度

風も湿り気を含み、強く吹いていました

木枯らしといえば、落ち葉かき・・・

しかし、風向きには関係なく落ち葉を舞わせる風

かさかさ と音を出す風

道にたまった落ち葉をほうきではくと

「かさかさ」が「かさー かさー」に変わります

















雨が流れた跡のくぼみには、落ち葉がたまり

落ち葉の川ができていました(や)




2018年12月4日火曜日

下総の農家 木小屋の茅葺屋根の改修について

12月4日(火)、本日から下総の農家では、木小屋の茅葺屋根の老朽化による改修工事を開始しました。
入館者の皆様には通行止めなどのご不便をかけることとなりますが、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

工期は、本日12月4日から平成31年1月上旬までの予定です。
   


                                 


2018年12月2日日曜日

寒暖上手 二


12月2日、昼になって陽がさしてきました

冬の曇天は、それだけで寒さを感じてしまいます。

そんな時は、表に出るのもおっくうとなり、こもりがちに

逆にこの季節、小春日和は気持ちのよいもの

障子を開けて、部屋の中へ光を誘う

畳から、「ホッ  ホッ」という音が聞こえてきそう(や)