2017年12月16日土曜日

大雪(二十四節気)鱖魚群(七十二候)12月17日~21日 冬支度・正月準備進む

 七十二候は、「鱖魚群(さけのうおむらがる)」で、鮭が群がり川を上る頃です。「管理棟」と「総屋」中庭の「コブシ」も冬支度です。たくさん”群れる”花芽が銀白色の毛に覆われています。
 「上総の農家」の「炭窯」に火が入りました。「房総のむら」で使う「炭」作りです。午前中に火を着け、少し時間が経つと煙突内の温度は80度ほどになりました(写真左)。午後には、隙間を少し残して窯口を閉める「火止め」(写真右)をし、1晩そのままにします。翌朝の煙突内温度は100度になり、窯口を完全に閉じる「窯止め」前には230度まで上がりました。温度は煙突での測定ですので、「炭窯」内はかなりの高温でですね。
 「火」を入れて窯内の温度が上がってくると、「モクモク」とかなり煙が出てきますが、この白い煙は大部分が水蒸気です。窯内の炭の材料から水分が蒸発するのです。「霧」ではありませんが、「光芒」も見れました。「火止め」をすると、煙は少なくなり、色も青白くなります。
 「下総の農家」「長屋門」前の「ウド」の根元には、凍結防止のために「籾殻」がかけられていました。
 「安房の農家」の「ソテツ」です。しっかり「藁」のコートを着せてもらいました。これで寒い冬も安心、凍えなくて済みそうです。
 「上総の農家」も「障子」の張替えです。庭先では「お正月のお飾り」づくりです。
 「上総の農家」の「正月のお飾り」です。相撲の「さがり」のようです。横は、ゆうに1mはあります。中央の”飾りは”、その年の月数(旧暦)だけ下げます。今年は閏月があったので13本でしたが、来年は通常ですので12本です。
 こちらは、「安房の農家」の「お正月のお飾り」です。どこかで見た形ではありませんか。房州は「イセエビ」で有名ですので、「お飾り」は「イセエビの触覚」を彷彿させるような形です。「上総のお飾り」は、「縄をなう」という感じではありませんが、「安房のお飾り」は、「下総のお飾り」の「ごぼうじめ」のようにしっかり「縄をない」ますので力も入ります。
 「商家の町並み」「菓子の店」の「おせちに作る甘い物(正月の準備)」で、お馴染み匝瑳市の「大川修功」先生の指導で作った「栗きんとん」「黒豆」、それに「小豆」です。先生は、冷蔵庫で保管すれば正月までもつとのことでしたが、おそらくは(一口食べておいしくて)数日でなくなってしまうと思います。
 「商家の町並み」「酒・燃料の店」で「吉野正美」さんの指導で「杉玉」作りの体験です。今回の体験には、以前にも作った方もいらっしゃいまして、その方は「酒造メーカーさんに飾るためにつくった」こともあるとか。杉の葉の”緑の香り”が広がります。
 「商家の町並み」「呉服の店」の「型染」です。こちらは年6回で完成する最高難度(?レベル4)の体験になりますが、今回の体験は”自分”で「彫った」「型紙」を使って布に「糊をおく」体験です。指導の「安井永子」先生が、「型糊」作りを丁寧に教えていました。「米糊」を「防汚糊(ぼうせんのり)」として染色する方法が開発され、「半纏(はんてん)」「暖簾(のれん)」「小紋(こもん)」などの染物が生み出されたそうです。「型染」では、この「型糊」作りが大きなポイントのようです。次回は、「藍」と「草木」での「染め」になります。
 紙袋には、「商家の町並み」「紙の店」で作った「紋切り型」が付けられています。お二人は、このほかに、「木工所」の「竹のタガのキーホルダー」と「酒・燃料の店」の「千代紙ろうそく」も体験していただいたそうです。何度も御来館いただいているそうですが、来年もお待ちしております。「むらのお正月」でお待ちしております。
 「風土記の丘資料館」中2階展示室の写真展「レンズをとおした房総のむら」の作品展示のようすです。来館された方々が撮影された写真です。2月25日まで展示しておりますので是非ご覧ください。

「商家の町並み」「呉服の店」「上級者の草木染レベル4」実施報告

 「商家の町並み」「呉服の店」の体験には、「藍染」「型染」「草木染」「和裁」などがあります。それぞれに初心者から上級者のレベルまでありますが、紹介するのは「上級者の草木染レベル4(最上級)」です。今年は、館内で採集した「シラカシ」で、やや薄手の麻布(約×1.2m)の染色を行いました。写真は、染色後の色合いサンプルです。手順は、大きく布の精練・デザイン 染料準備 染液煮出し ④⑤染色・媒染となります。指導は、「安井永子(のりこ)」さんです。
11月16日 「布の精錬」:麻布を熱いお湯でよく洗います。”糊”などの余分な成分を取り除き、染料を染みやすくします。
11月16日・17日 「デザイン」:こちらは、上級者コースですので、ただ染めるだけではなく、染め上がった「生地」をどう使うか(飾り・衣類)も考慮して、どのような模様をどの辺に入れるかを”デザイン”して、「根締め絞り(摘まんだ布の根元だけに糸を巻く)」「巻き上げ絞り(摘まんだ布の上部まで糸を巻く)」の技法で染料を染み込ませたくない部分に糸を巻いていきます。時間がかかる作業です。
 その日の作業内容・工程は、ホワイトボードで確認しながら進めます。
12月6日 「染料準備」:一昨年は「コブナグサ」、昨年は「タブノキ」で染めました。今年は、「シラカシ」です。皆さんで「房総のむら」の館内で「シラカシ」の葉の採集です。
同日 「染液煮出し」:採集した「シラカシ」は、まず葉に刻みを入れて、より葉の養分が出やすくしています(写真中央左)。その後、水で洗いごみや汚れを取り除き、手前の大きな鍋に入れて染料を煮出します。
同日 その傍らでは、「安井先生」が、模様をつけるために巻かれた糸を確認していました。糸がうまく巻かれているかが、模様をきれいに出すためには重要とのことです。
同日 「染液煮出し」:沸騰してから20分間煎じ、「笊」で濾して「シラカシ」の染料ができあがりました。これが一番液で、一番液をとった染材(シラカシの葉)で二番液もとりました。「シラカシ」の染料は、濃い茶色・コーヒーの色のようでした。
同日 「染色」:一番液と二番液を混ぜた「シラカシ」の染液に、体験者が思い思いに絞りを入れた麻布を浸します。
同日 「染色」:染液は熱いので、手袋をしてよくたぐります。当然ですが、まだ色は薄いです。
同日 「染色」:そのあとで、そのまま鍋に移し「煮染」し、鍋から取り出したら再びたぐりを繰り返します。生地の色が少し濃くなってきましたか。この工程を繰り返すことで、「色が丈夫になる」とは「安井先生」の言葉でした。染めた色が落ちにくいなる、褪めにくくなるという意味だそうです。説明されると言葉がわかるような気もしますが、伝統的な染色技術を会得した人だから言える表現ですね。伝統の真骨頂ですね。
12月7日 「媒染」:今回は、「アルミ」と「おはぐろ鉄」で「媒染」しました。鉄で「媒染」した方の中には、さらに「石灰」で「媒染」された方もいらっしゃいましたが、この際に、水道水には薬品が含まれていることから、色が落ちたり、変色することもあるので、井戸水がよいとのことで、水道水ではなく「房総のむら」の井戸水を使用しました。媒染後、よく水洗いし、もう一度元の染液に戻し煮染します。
12月8日 前日染めた布をもう一度新しい染駅で煮染めしました。染め上った布は、模様のために絞り上げていた糸を外します。色が染みないように糸をきつく巻いていたので、この作業は根気がいる作業のようで、作業中声が出ていた体験者の皆さんもこの作業の時ばかりは無言でした。
同日 ”絞りの糸”が解かれた生地が干されていました。草木の染料で染めただけでは、色が落ちてしましますが、「媒染」することで、繊維に付着した染料が固着します。また、金属などで「媒染」することで、染料が化学反応をおこし発色して、色が変化します。
同日 最後に、出来上がった”作品を前に、「安井永子」先生から講評をいただきました。皆さん、ほぼ希望とおりに染め上がったようで、満足していただけたようです。この生地を使って、「壁掛け」「洋服」などにするそうです。先生からは最後に「色が落ち着くまで、少し寝かしてください」とのことでした。

 今年の「草木染」は、「シラカシ」で染めましたが、使用する「媒染剤」によって色合いも違ってきます。この色は何色というのでしょう。「蒸栗色」「胡桃色」「絹鼠」?でも、落ち着くとさらに色合いは変わるのでしょうね。化学染料で染めた横文字の色名ではない、まさに”和”の色名が合う、自然の風合いの色ですね。淡い色合いから、やわらかな”温かみ””涼しさ”、”やさしさ”も感じます。体験者の皆さん、5日間お疲れさまでした。いやいや、まだこの生地を仕立てる作業が残っていましたね。頑張ってください。


2017年12月15日金曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、竹林の坂、上総の農家・畑を巡り資料館へ戻りました。

●これからの季節は、春に備えての根生葉(ロゼット)や冬芽の観察が主になります。また、春に先駆けて咲く花のツボミが膨らみ始めます。
●センボンヤリとタンポポの綿毛の比較が出来ました。センボンヤリの種子は大きく綿毛も大きくがっちりとしています。一方のタンポポはその反対の姿をしています。
●オランダミミナグサ、ウラジロチチコグサ、ブタナ、オオバコ、オオイヌノフグリの根生葉(ロゼット)は、今日の気温が低いせいかまだ夜露を表面に付けていました。
●竹林の坂では、ホウオウゴケ(架空の鳥“鳳凰”の尾羽根のような葉を持つコケ)やナミガタタチゴケが生えています。
●オオカモメヅルの果実がやっと割れ、中から種子が出てきました。
●ヤマグワやヤマコウバシの冬芽がしっかりとした表情を見せていました。
●先週の観察会では、ソシンロウバイが今にも咲きそうに思いましたが、このところの寒さで、開花は少し遅れそうです。※昨年は12月10日に開花確認

------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。12月8日(金)の観察に基づいています。(風)

2017年12月11日月曜日

大雪(二十四節気)熊蟄穴(七十二候)12月12日~15日 なんじゃこりゃ?

 二十四節気「大雪」の七十二候の次候は、「熊蟄穴(くまあなにこもる)」です。熊も”冬眠”の時期、ということですね。さて、「上総の農家」の畑ですが、”なんじゃこりゃ?”「房総のむら」には熊はおりませんので、来春に植える「種芋」などの”冬眠”の様子です。「サトイモ」や「ショウガ」は、畑に穴を掘りその中に入れ、周りを「籾殻」で被い、その上に小さな”わらボッチ”をのせて寒さから守ります。「籾殻」が詰められた穴から、”空気を取り入れるための竹筒”が突き出されています。”わらボッチ”から突き出た”竹筒”が摩訶不思議。ちなみに、「サツマイモ」は深さが2mもある大きな「芋穴」に貯蔵して冬を越します。”わらボッチ”の後ろには、”霜よけ”の篠竹も立てられ、「上総の農家」も冬支度進行中です。 
 「下総の農家」の庭先の「ヤツデ」です。花が少ない季節になってきましたので、目を引きました。
 12月7日は、旧暦の10月20日にあたり「恵比須(えびす)講」でした。「上総の農家」のモデル「大網白里市」の農家では、「恵比須」「大黒天」は1月20日に働きに出かけ10月20日に帰ってくると信じられ、「恵比須講」ではお金が貯まるようお金を供えたり(一升桝)、鯛を抱え釣竿を持つ「恵比須」が元々「豊漁の神」だった名残か「サンマ」や生きた「鮒(ふな)」も供えます(奥の部屋:写真右)。囲炉裏端には、お供えしたお膳と同じものが家族の夕食として準備されています(写真左)
 「商家の町並み」「めし屋(かどや)」の「えびす講」です。「えびす神」は、生業を守り福徳を授ける神と考えられ、「七福神」の一つに数えられています。元は「漁業神」として信仰されていたものに、「商業神」としての性格が加わり、”商売繁盛”の「神」として、商家でも信仰されるようになりました。商家では、床の間などに「えびす」「大黒」の像を置き、お膳や生魚を供え、夕方は早めに店じまいをして、奉公人や親戚を集め宴を設けました。「えびす(恵比須)講」では、「恵比須」と「大黒」を一緒に祀ることが一般的です。
 こちらは、「商家の町並み」「呉服の店(上総屋)」の「えびす講」の日の呉服屋の再現です。香取市佐原の下宿・新橋本の事例の再現です。商家の中でも呉服屋の売り出しは盛大で、店先には「えびす布」と呼ばれる布を吊るし、「足袋」などの特価品を積み上げ、買い物客を集めました。 
 12月13日は「大掃除」「煤払い」の”日”です。「下総の農家」では、「煤払い」ではありませんが、年末が近づいてきて障子の張替えです。昔ながらの「師走」の風景ですね。「下総の農家」だけでも、「障子戸」がたくさんあるので大変です。特に、古い障子紙をきれいに剥がすのに一苦労です。”煤けた”障子紙が、”真っ白”になると気持ちがいいものですね。誰ですか?指を舐めて穴をあけたいと考えているのは。 
 そして、こちらも「下総の農家」ですが、「正月のお飾り」です。体験では、真夏に青刈りして乾燥させた「ヤマトニシキ」の「青わら」を使い、「ごぼうじめ」や「輪飾り」など、「正月のお飾り」を作りました。「四手(しで:注連縄(しめなわ)などに付けて垂らすギザギザ形の紙)」も付けました。今週は、「上総の農家」では”相撲のさがり”(写真上左)、「安房の農家」では”伊勢えび”(写真上右)を思わせるような「正月飾り」を作ります。人気の体験ですので、予約が一杯の場合は申し訳ありません。
 「障子」の張替えや「正月のお飾り」作りで忙しい「下総の農家」には、寒くなってきましたが、子どもさんたちが熱心に勉強に来ていました。勉強の後は、「コマ」や「ポックリ」など「昔の遊び」も体験していました。「むらのお正月」にも来てくださいね。 
 12月10日に、「酉の市」で賑わう「大鷲神社」の近くで開催された栄町「第3回少子化克服鍋まつり」に出店しました。皆さん自慢の”鍋”で参加ですが、「房総のむら」は「むらの農家」で栽培している「江戸野菜」を食材にした”鍋”です。好評で午前中には完売してしまいました。「江戸野菜」は、「房総のむら」で販売しておりますのでご賞味ださい。(生産量も少なく季節の作物ですので、収穫できないこともございます。)

2017年12月6日水曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し総屋前をとおり、おまつり広場、下総の農家・田んぼ、上総の農家・田んぼを巡って資料館へ戻りました。

●堀割のイロハモミジがむらで最初に紅葉が始まりましたが、むらの他のモミジは今が最盛期を迎えています。堀割の木よりも小さいのですが、見事に色づき、色々な場所で観察できました。
●コナラやケヤキの黄葉が各所で見られます。イロハモミジの赤と同様、むらのあちらこちらで晩秋の色彩を明るく放っています。
●この季節に貴重なジュウガツザクラの花が、おまつり広場で元気です。
●実りの秋を演出するカキ、フクレミカン、ナツミカンが実っています。ノササゲ、ヒヨドリジョウゴ、ビナンカヅラの小さな果実がきれいでした。
 その中で、ヒヨドリジョウゴはドラムの里の売店近くでかつて確認がありましたが、むらの中での確認は、今回が初めてでした。
●上総の農家の庭のソシンロウバイのツボミは、今にも咲きそうに膨らんでいました。

-----------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。12月1日(金)の観察に基づいています。 (風)


※自然観察会のお知らせ
  自然ガイドボランティアでは、月に一回、土日のいずれかを利用して来館者を対象とした「自然観察会」を開催しています。
 12月は下記の予定で行いますので、興味のある方是非ご参加下さい。
○日時: 12月10日(日)午後1時30分から1時間程度(雨天中止)
○集合場所: 総屋前
○今月のテーマ: 「ロウバイ」
○参加費: 無料(むらの入場券必要)

大雪(二十四節気)閉塞成冬(七十二候)12月7日~11日 霧深い朝



 「二十四節気」は、「小雪」から「大雪」に移り、「七十二候」は「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」です。先日の「霧」が濃い朝の「商家の町並み」です。町並みの先のほうは、ほとんど見えませんでした。 
「霧」は、すぐに晴れてしまいましたが、畑に降りそそぐ「光」を見ることができました。
 林の中でも、「光芒」が見られました。
 「上総の農家」の「果樹の手入れ(梅)」の体験です。梅の枝の剪定を指導しているのは、ボランティアでも活動していただいている「宮﨑 弘(写真右)」さんです。花芽の付き具合や全体のバランスなどを見ながら、どの枝を剪定するかを細かく教えていただきながら指導していただきました。これで、自宅の庭の剪定も大丈夫ですね。
 「商家の町並み」「薬の店」の「七味唐辛子」作りの体験です。「トウガラシ」「陳皮(ちんぴ):ミカンの皮」「サンショウ」を炭火を入れた「七輪」の上に「ほうろく」で焙じます。また、「ゴマ」「アサの種」「ケシ」も同じようにして炒り香りを引き立たせます。それらの乾燥した材料と生の「トウガラシ」を、「薬研」を使って別々に粉末にし、それらを混ぜ合わせて完成です。市販の「七味唐辛子」に比べ、香りがとてもよく、食材を引き立ててくれます。
 「商家の町並み」「細工の店」の「かご・ざる」作りの体験です。この日は、「六つ目かご」作りです。指導者は、お馴染みの「間野正勝(写真右上)」さんです。
 その「間野正勝」さんが、見本として作った「かご」です。普通は底の部分に強度を増すための「力竹」は星形に竹を挿むそうですが、千葉県の「県章」(写真左上)の形にしてくれました。
 「風土記の丘エリア」の重要文化財「旧御子神家住宅」の「燻煙」の様子です。ストーブで「薪」を燃やし、その煙で「茅葺屋根」を内側(写真上方)から燻して虫などを駆除します。このために、12月から来年3月まで「旧御子神家住宅」と隣接する千葉県指定文化財「旧平野家住宅」の内部が見学できません。貴重な文化財の保護のためです、ご理解をお願いいたします。