2017年10月17日火曜日

寒露(二十四節気)蟋蟀在戸(七十二候)10月18日~22日 もくずがに料理

七十二候は「蟋蟀在戸」(きりぎりすとにあり)、「きりぎりす」が戸のあたりで鳴く頃だそうです。清少納言:枕草子「虫は鈴虫。ひぐらし。蝶。松虫。きりぎりす。、、」、小林一茶「すず風や 力いっぱい きりぎりす」、太宰治「きりぎりす」など文学作品にもしばしば登場し、「きりぎりす」は日本人に親しまれた秋の虫です。最近は、あまり見かけないかもしれませんが、「房総のむら」ならば「在戸」も見られるかもしれません。写真は、鮮やかな真っ赤な色に見とれてしまった「下総の農家」に干してあった「日光唐辛子」です。 
 こちらは、「下総の農家」「安房の農家」の畑の「綿」です。左が「茶綿」、右が白い「綿」です。「ボール」がはじけて、「綿」がきれいな状態のうちに摘みとります。この後、体験することもできますが、「種を抜いて」、「木綿糸を作り」、そして「草木を利用して糸に色を付け」、その糸を使って「機織りでストールやコースターなどを織り」上げます。 
 年に一度の実演・体験「もくずがに料理」です。「もくずがに」は、海で生まれて川を上る蟹です。甲羅は大きくて10センチ、脚をひらいた長さは20センチほどです。脚やハサミの肉もおいしいようですが、海のカニのように太い肉がつまっているわけではなく、よく食べられるのが甲羅の中の「かに味噌」です。房総の清流はきれいで、そこでとれた「もくずがに料理」は、昔から食された房総の「郷土料理」です。料理の指導者は、大多喜町の高梨喜一郎さんです。 
「もくずがに」の食べ方はいろいろあるようですが、体験では「かに飯」と「かに汁(かにごし)」を自分たちで作って食べていただきました。「日本の上海蟹」とも呼ばれるだけあって、海の蟹より濃厚な味です。また、甲羅に「かに味噌」と「味噌」を混ぜて詰めて焼いた「味噌焼き」は、お酒の「あて」やご飯にのせて食べたら最高です。「もくずがに料理」の体験は、繁殖期に海に下る前の、この季節だけの体験です。 

「竹の皮のぞうり」です。竹の皮(たけのこを包んでいる茶色の皮)を使って、ぞうりを作ります。体験では、「わらぞうり」と同じように、縄ない、鼻緒を作り、「ぞうり編み台」を使って、水に漬けてやわらかくした竹の皮を編み込む一連の作業を行います。特徴は、「竹の皮」ですから、なんといっても水に強いことです。そして、「わらぞうり」の硬い感じではない、柔らない感じの「ぞうり」です。最近は、フローリング床でのスリッパ用としての利用者も増えているそうです。 
「房総のむら」ではおなじみの、「商家の町並み」「本・瓦版の店」の「摺り」の体験です。「摺師」松崎啓三郎さんの指導で、「摺り」の体験です。二色目の摺りなので、一回目の墨絵と重なるように「見当」を合わせ、版木に乗せる顔料、糊、その量、そして、色を乗せるためにおさえる「馬楝(ばれん)」の使い方の指導を受けます。「見当」を合わせることが一番大事とのことです。 
「左官の技」の体験です。土が塗られはじめた壁を内側から見たところです。伝統的な土壁の芯になる「木舞(こまい)」がわかると思います。家の木組みの空いているスペースには、そのままでは土をのせることはできませんので、柱と柱、貫と貫の間に竹を細かく格子状に編んだ「木舞」が必要になるわけです。そこに土をつけることで、壁をつくっていきます。水と藁を含んだドロドロの土を塗り、乾くのを待って次の工程に進んでいきます。


2017年10月14日土曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館から上総の田んぼ、竹林の坂、上総の農家を巡り、堀割を通って資料館へ戻りました。

●コシオガマの花が資料館の小道で沢山咲き始めました。ツツジの植え込みの後ろ側には大量に咲いています。
●ウワミズザクラの枝に、径2cm程の小さなトックリ蜂の巣がありました。
●上総の田んぼの排水路や手前の小池で、ミゾソバの花が咲きました。
●春に花が咲いたセンボンヤリは、秋には閉鎖花という花びらを出さずにツボミの中で受精が行われます。種が出来ると綿毛の付いた種子が現れます。
●セイタカアワダチソウの花は固まって咲きますので、一つ一つの花の形がわかりにくいですが、大写しすると可憐さがわかります。
●トネアザミの花の下のトゲトゲ(総苞片)は、同じ時期に咲くノハラアザミと違って大きく反り返ります。
●オケラの花が咲きました。
●ガマズミの果実が真っ赤に熟しました。
●武家屋敷のフユノハナワラビが4株生えています。胞子葉が立ち上がってきました。

-------------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。10月6日(金)の観察に基づいています。 (風)

2017年10月13日金曜日

寒露(二十四節気)菊花開(七十二候)10月13日~17日 コンサート終わる

 七十二候は「菊花開」(きくのはなひらく)、菊の花が咲きだす頃です。「房総のむら」では、「野菊」は咲き始めましたが、「農家」の畑や庭先の菊はまだ咲いていません。でも、つぼみも膨らんできており、月末の「江戸の花卉 菊」の展示の頃には開いていると思います。
 「武家屋敷」の「茶室」は、「野点」の体験です。畳の茶室ではなく、野外でのお茶の体験です。野点傘の柄につけられた「花筒」に掛けられた「短冊」の書は「清風万里秋」、お花は「ホトトギス」。秋の花を愛でながら、「清々しい風が吹き渡って、いたるところで秋の気配がする」という書と同じ気配のなかでのお茶の体験です。部屋の中で畳に座っての「お点前」より、気軽にお茶を楽しむことができます。「野点」は、イベント開催時などにも開いていますので、お立ち寄りください。
 「安房の農家」の前の畑では、「さつまいも掘り」体験です。このご家族も、多くの体験者と同じように、「上総の農家」の「枝豆(大豆)の収穫」で「豆の木」から豆をもぎ取った後の「さつまいも掘り」です。「さつまいも」の「つる」が刈り取られた畑で、2株分の「さつまいも」を自分で探します。収穫にご満足いただけたようです。新鮮な「枝豆」と「さつまいも」をご賞味ください。 
「左官の技」の体験です。「こて板」にのった藁を混ぜてよく捏ねた土を、「こて」で垂直の壁に塗る体験です。また、プロの「左官」さんに、土壁の土台となる竹を使った「木舞(こまい)」の組み方も教えていただいています。こんな体験、ほかでできますか?14日・15日も体験ができます。是非、「左官の技」「壁塗り」を体験してみてはいかがですか。 

 こちらは「風土記の丘」の「埴輪作り」です。1回では完成できません。1回目は形を作り、文様をつけるところまでで、形ができたら、乾燥させて、12月に焼成(野焼き)して完成させます。古墳に並べられた大きさの埴輪は作れませんので、ミニチュアサイズになります。まだ、土台の部分を作っているところでしたが、娘さんとお父さんで相談しながらの「埴輪作り」です。
 「重要文化財 旧学習院初等科正堂」では先週の「ソプラノコンサート」に続き、今週もイベントを行いました。
まず、8日は考古学講座「古墳の楽しみ方」です。「古墳にコーフン協会」の会長でもある古墳シンガー「まりこふん」さんと、伊藤理事長さんのトークでは、お二人ともかなりの専門知識はお持ちですが、専門用語は使わないで、古墳に興味を持ってもらえるようにと、わかりやすく全国の古墳や、房総のむらの「龍角寺古墳群・岩屋古墳」の話もしていました。その後、「まりこふん ライブ」となったわけですが、「岩屋古墳」を見た後だけに、“コーフン”冷めやらず、ライブも“暴走(房総)”気味になったとのことでした。 
 9日は、毎年恒例になっています「歴史の里の音楽会」の公演です。今年も「千葉交響楽団」の皆様にご出演いただき、「弦楽四重奏」の演奏を楽しんでいただきました。白い雲が浮かんだ真っ青な秋の青い空の下、前に緑の芝生広場が広がる場所に建つ「旧学習院初等科正堂」は、左右対称で、白い壁に、ブルーの柱、そして屋根は黒のスレート葺きです。そんな西洋建築のデザインを取り入れながらも我が国の伝統的木造建築の講堂で、世界の名曲や秋をテーマとした楽曲などを中心に演奏していただきました。音響がよい「旧学習院初等科正堂」ならでは、「歴史の里の音楽会」となりました。


2017年10月8日日曜日

寒露(二十四節気)鴻雁来(七十二候)10月8日~12日 企画展「農具」始まる

 二十四節気は「寒露」になりました。七十二候は「鴻雁来(こうがんきたる)」、雁が飛来し始める頃です。千葉県にも、もう飛来しているのでしょうか。しかし「寒露」、朝夕涼しく、日の出が遅くなり、日が沈むのも早くなりました。
 今日から、「房総のむら」の企画展「農具」が始まりました。機械化される前までの農具は、弥生時代・古墳時代から大きく変わっていません。そんな農具を、発掘された資料を展示するとともに、文献や絵画に描かれた江戸時代の農具の様子なども紹介します。明治時代に、関東一円に普及する千葉県内で作られた「唐箕」も紹介します。「唐箕の体験」コーナーもあります。11月26日までです。是非、ご覧ください 。
 千葉県指定文化財(考古資料)の弥生時代・古墳時代などの農具の展示です。
 江戸時代の「四季耕作図」や、佐原の山車飾りの四季農耕の彫刻の事例などを紹介しています。
 明治時代から、南房総市の「古宮家」で作られてきた「唐箕:房州唐箕」の紹介です。「唐箕」がどのような仕掛けで、米を選別し、ごみを飛ばすかを実際の「唐箕」を使って体験することができます。
 再びの「タマゴタケ」です。8月26日にも紹介しましたが、この時期に、また“出現”しています。館内の数か所ですが、白い「殻」から赤い「卵」状の傘と、まだ赤みが少し残る濃いオレンジ色の「タマゴタケ」が、茶色の落ち葉や緑の草の中にあまりにも鮮やかなので、再びの紹介です。





 「タマゴタケ」を見た方が、驚きというよりは「これはなんだ」「気味が悪い」「怖い感じがする」といって少し怯え?ていましたが、「房総のむらの開館前から毎年でるキノコで、有毒ではありません」と説明すると安心し、「絵本にでも出てきそうなキノコ」といって写真を撮っていました。
毒はありませんので、折らないでください。
 8日は、「重要文化財 旧学習院初等科正堂」で「古墳シンガーまりこふんさん」の「まりこふん トーク&ライブ」があります。

 ということで、近くにある「龍角寺101号墳」もきれいにしました。101号墳は、昭和59~61年の発掘調査で、二重周溝が巡る円墳で埴輪が樹立されていたことがわかりましたので、墳丘とともに復元してあります。

  

 埴輪は、少し小ぶりですが、墳頂部と墳丘の裾、それに二重周溝の間の堤に立てられており、人物埴輪や馬型埴輪がまとまっている箇所があります。出土品(本物)は、「房総のむら 風土記の丘資料館」で展示しています。


2017年10月6日金曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館から上総の田んぼ、竹林の坂、上総の農家を巡り、堀割を通って資料館へ戻りました。

●カナムグラの雌花が観察できました。その形はビールの原料の一つである同じアサ科のホップの花に似ています。雄花は雌花よりも圧倒的に多く観察できます。
●アキノタムラソウの花期はそろそろ終わりです。ヤマハッカと花色が似ています。
●ハマヒサカキにツボミが出来ています。初冬に開花します。果実は一年後の同じ時期に実ります。
●キバナアキギリは最盛期です。林床の草刈り時期が例年より遅いので、今年はこの光景が見られます。
●ヒガンバナの花が終わり、果実が出来ました。種は出来るのですが芽生えることはありません。
●堀割周辺では、ゲンノショウコの白花と赤花、ヤブマメの紫色の花、スズメウリの白い果実が見られます。
 また、ススキに似たオギも生えています。オギ(荻)はススキと違って茎の周りの葉が剥がれ落ち、竹のような姿になるので区別できます。
●クサギの葉と果実は、それぞれ草木染めとして利用できます。
●フウセンカズラは雌雄異花だそうです。区別の方法は研究課題です。

----------------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。9月29日(金)の観察に基づいています。(風)


※自然観察会のお知らせ
  自然ガイドボランティアでは、月に一回、土日を利用して来館者を対象とした「自然観察会」を開催しています。
 10月は下記の予定で行いますので、興味のある方是非ご参加下さい。
○日時 :10月8日(日)午後1時30分から1時間程度(雨天中止)
○集合場所 :総屋前
○今月のテーマ :「名前に『キリ』がつく植物」
○参加費 :無料(むらの入場券必要)

2017年10月3日火曜日

安房の農家の大根


左側2列が現代ものである青首大根、その右に伝統(江戸)野菜である秋づまり大根2列、練馬中長大根、大蔵大根が各1列ずつ植わっています。4種ともに9月上旬に播種したものですが、青首は生育が早く、葉の色具合が濃い深緑を呈しているのに対し、伝統(江戸)野菜は淡い緑色で優しい感じがします。

現在、大根と言えば、国内市場の90%を占めていると言われている青首大根ですが、「す」が入りにくく、地表に出ている部分(この部分が日光に当たり、黄緑色に変化)があるため、収穫時期に引き抜きやすいという特徴があります。対して、伝統(江戸)野菜の大根、特に秋づまり大根・大蔵大根は引き抜くのが大変で、スコップと使わないと途中で折ってしまうことになります。
練馬中長大根は主に漬物用、他は煮物に適しています。 
収穫時期は12月上旬頃ですので、味の違いなどをお試しあれ!(フ)



 


秋分(二十四節気)水始涸(七十二候)10月3日~7日 十五夜・お月見の展示

二十四節気は秋分、七十二候は「水始涸(みずはじめてかる」です。田の水を落として、稲穂の刈り入れを始める頃とのことですが、房総のむらでも稲刈りが終わり、稲穂は「おだ掛け」して天日で乾燥させているところです。
 夏は終わり、秋です。「上総の農家」では、里芋、枝豆も大きくなりました。ほうき草(コキア)も赤くなり、白い秋そばと対照的です。
 柿も色づき、枝もたわわに実りました。一部は「熟柿(じゅくし)」ています。常連さんによると、今年は例年よりも柿の実が多いとのことです。
 10月4日は、旧暦の8月15日、「中秋の名月」です。しかし、今年は満月ではありません。満月は6日だそうです。これは、月が新月から満月にかかる周期が14日~16日と一定ではないためのようで、旧暦の15日が必ずしも満月ではないようです。
 房総のむらでは、農家と武家屋敷で十五夜・月見の展示を行っています。房総各地での、お供えの違いもご覧ください。
 「上総の農家」の十五夜の展示です。
 東金市山田地区の豊田家の十五夜風景の再現です。月見団子、ススキ、ハギ、オミナエシと秋の野草に、里芋、柿、栗、カボチャなどを主屋の縁側の台に供えます。
 「下総の農家」の十五夜の展示です。
 「房総のむら」の地元、印旛郡栄町安食地区の事例を再現しています。上新粉で作った団子15個と里芋5個を一升枡に飾り、里芋の味噌汁と餅につける砂糖醤油、それにお酒も供えられます。「秋の七草」を生けた竹の花瓶には、水は入っていません。それは、この地域が利根川に近く、洪水で苦しめられたことと関係があるようです。
 「安房の農家」の月見の展示です。
 旧安房郡富山町平久里下(現:南房総市平久里下)の若林家の月見風景を再現しています。月見団子、アンビン餅(餅の中にあんがはいる)、アンコ餅(餅のまわりにあんがつく)を作り、濡れ縁に文机を出し、月見団子、里芋、栗、柿を盛り、ススキ、ハギなど秋の七草を生けて供えます。

 「武家屋敷」の十五夜の展示です。
 「武家屋敷」では「久留里藩」の十五夜を再現します。十五夜のお供えは、縁側に台を出し、団子15個を三方にのせ、花瓶に挿したススキの穂にハギ、ワレモコウ、オミナエシのほか、栗、柿など季節のものを飾ります。里芋は、茎や葉が付いたままで供えます。

 今回紹介するのは、「下総の農家」の「機織りの体験」です。草木染めの糸を使って木綿のテーブルセンターなどを作ります。季節ごとに色や柄が変わります。こちらの方は常連さんで、「杼(ひ)」を経糸の間に通しては、「筬(おさ)」で押えるを繰り返しながら、リズムよくとれもきれいに織っています。初めての方でも、きれいに織れますので、体験、挑戦してみてはいかがですか。
 最後は、9月30日に「重要文化財 旧学習院初等科正堂」で行われた、コンサートの様子です。ソプラノ歌手工藤志州さんの美しい声で「美しい日本の歌、世界の名曲」の公演がありました。プログラムの中には、「旧学習院初等科正堂」でもロケが行われたNHKのスペシャル大河ドラマ「坂の上の雲」の久石譲作曲の「Stand Alone」もありました。西洋建築のデザインを取り入れながらも伝統的な我が国の木造建築の講堂は音響もよく、会場からは、「ブラバー」の声もが上がっていました。 
 コンサートには、地元栄町立竜角寺台小学校の皆さんも参加していただきました。校長先生の指揮に合わせ、日ごろの成果を聞かせていただきました。
 「旧学習院初等科正堂」では、8日(日)に古墳シンガー「まりこふん トーク&ライブ」、9日(祝日)には毎年開催している「千葉交響楽団の弦楽四重奏」の公演があります。「古墳の楽しみ方」を楽しく学び、「秋の日のヴァイオリン」を、歴史ある文化財建造物で体感してみませんか。
 是非おいでください、お待ちしております。