2016年12月3日土曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、炭焼き小屋、上総の農家から堀割を巡って、資料館へ戻りました。

●カマツカの葉はほとんどが落ちてしまい、果実が見えるようになりました。
●上総の田んぼでは、イヌナズナ、イヌガラシ、ハハコグサ、タネツケバナなどの小さな花と果実が見られます。
●コメツブツメクサ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリの葉が、陽を浴びて春への準備をしています。
●ヒカゲイノコズチの茎に虫こぶ(長さ2cm・幅1cm)がありました。虫こぶの名は「イノコズチクキマルズイフシ」、卵を産み付けた虫は「イノコズチウロタマバエ」といいます。
●タイワンホトトギスのそばにはまだ雪が残っていました。台湾では普通に見られるそうです。
●呉服店の畑のセンダンに果実が沢山できています。果肉にはサポニンを含み多量に食すと害を及ぼします。核には稜があり、端にある穴に紐をとおすとブレスレットができます。
●クロヤツシロランは種子を飛ばした後の殻になったものがありました。

--------------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。11月25日(金)の観察に基づいています。  (風)

2016年11月25日金曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、炭焼き小屋、上総の農家、武家屋敷を巡って、資料館へ戻りました。

●資料館脇のセンブリの花は、気温が低いため閉じていました。
●復元竪穴住居のそばのサネカズラの果実が赤く熟しました。
●秋に落葉するツタ(夏蔦)が色づきました。
●イボタノキの果実が青く熟しました。
●オオカモメヅルの果実はまだ割れず、中の綿毛の付いた種子が見られるのは、いましばらく先のようです。
●クロヤツシロランの種子は、もう飛び出してしまったものがいくつもありました。
●今回は秋の樹木の観察し、撮影をしました。
 ウワミズザクラの葉が色づいています。桜の中では遅い時期に葉を落とします。

-------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。11月18日(金)の観察に基づいています。 (風)

2016年11月17日木曜日

写生コンクールの表彰式

先日、第38回写生コンクールの表彰式が行われました。
今年は審査員の先生方のたってのご要望で、風土記の丘資料館の展示会場で行われました。

入賞・入選作品が展示されている中での表彰式ということもあり、受賞者と審査員の先生との会話形式の表彰式となりました。

「この作品はどんなお気持ちを込めて描きましたか?」
「どこに力を注ぎましたか?」

それを伺った後、先生が講評をしてくださいました。
一人ひとりの講評をしていただけたので、ご出席いただいた方から「とても勉強になった」という感想を聞くことができました。

第39回を迎えることが出来ることを願って、皆さんも四季折々の「房総のむら」の景色を描きに来てください。
お待ちしています。(マ)




2016年11月12日土曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、炭焼き小屋、上総の農家からおまつり広場まで足を伸ばし、武家屋敷を巡って、資料館へ戻りました。

●資料館脇のセンブリの花が最盛期を迎えています。
●資料館の小道で観察できたムベと思われたものは、ミツバアケビでした。果実が割れていました。
●上総の田んぼで、雌雄異株のハマヒサカキのそれぞれの木で、雌花・果実・雄花を観察することが出来ました。また、この木に絡みついたクズ、アマチャヅル、ヤマノイモ、ヒメドコロなどの果実も観察できました。
●むらの架け橋手前のコセリバオウレンの花壇近くで、ホウチャクソウの果実が実っていました。
●おまつり広場では、ジュウガツザクラが見頃を迎えています。
●資料館ゲートを過ぎた林中の園路で観察できたクロヤツシロランの花柄には、花が終わった後に種子を飛ばすため、伸びて割れ目ができ、種子が見え始めています。

----------------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。11月4日(金)の観察に基づいています。  (風)

思いがけない参加者-「緑の里親-どんぐりの木を育てよう-」2回目―


今日は、緑の里親2回目の日で、春に持ち帰ったどんぐりの木を植樹することになっていました。
1回目の4月は残念ながら一般の体験者はいなかったため、当日職員が鉢植えにしたコナラを近くに植える予定でいたのですが、9時半からの下総の農家機織り小屋で「綿の種取」体験にお見えになった柏市在住の森川さんご一家5人に参加していただきました。 
その方に聞いてみると、「緑の里親」に予約したかったけど、2回参加が確定できなかったため断念したとのことでした。

春に芽生えたコナラは現在40cm程ですが、3年程経過すると2mを超えるほどに生長します(陽当たりにもよりますが)。
今日参加の琢磨君(11歳)、知紗ちゃん(8歳)、理紗ちゃん(4歳)達の記念樹になるものと思います。ご両親も「房総のむらへ来る楽しみが一つ増えました」と仰っていました。(フ)

2016年11月8日火曜日

江戸菊が見頃です。



江戸菊の展示を10月29日よりはじめました。
展示している菊は江戸で品種改良された江戸菊といわれるもので、花が咲き始めてから変化していくものだそうです。
この菊は千葉市に住む嶋田清司氏が手がけたものです。嶋田さんによれば、今年は雨が多かったことから、開花が遅れているため、花を長く楽しめるそうです。
写真をご覧いただければわかるように約1週間でここまで開花しました。匂いも日々増しています。今週の天気は金曜日を除いて晴れの予報となっています。ぜひご来館ください。(I)
展示初日
11月8日時点





2016年11月5日土曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、炭焼き小屋、上総の農家から、堀割を経由して、資料館へ戻りました。

●資料館脇でセンブリの花が沢山咲いています。
●シロヨメナの花は、株がまとまって咲きます。むらの各所で見ることができます。
●上総の田んぼ手前の池のススキと堀割の岸のオギを見比べてみました。
●上総の田んぼでは、稲刈り後に見られるいろいろな草にそれぞれ花が咲いています。花期の長いアゼムシロの花もまだ咲いていました。
●竹林の坂では、孟宗竹にツタウルシが絡んでいます。ウルシ科の植物(木本)でかぶれることがあるので要注意です。
●町並みから資料館ゲートを過ぎた林の中で、クロヤツシロランと思われる果実が実っていました。まだ高さが10cm位ですが、30cm位まで延びてきたら、種子を飛ばし始めます。しかし、この場所で、今までこの花を観察できたことがないので、良く似たアキザキヤツシロランの可能性もあります。

-------------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。10月28日(金)の観察に基づいています。   (風)