2019年7月20日土曜日

夏休み紙漉き体験


 商家紙の店では夏休み紙漉き体験を行っています。

 房総のむらで育てた楮(こうぞ)を原料に、みどり色のきれいな和紙を作ります。

 ハガキサイズの紙を漉きますので、夏の思い出を手紙にして送るのもすてきですね。

 夏休みの自由研究にもぴったりです!




7月27日(土)・28日(日)、8月3日(土)・4日(日)

①10:00~12:00 ②13:00~15:00 各回6名 

対 象:小学1年生以上
   (小学3年生以下は引率者が必要です。)

その他:汚れてもよい服装。エプロンをご持参ください。

体験日の前日まで予約受け付けています。

この機会にぜひご参加ください。


そのほかにも、夏休みに親子で楽しめる体験が盛りだくさん!

まだまだ募集中の体験もありますので、皆さん遊びにきてくださいね!(み)

2019年7月19日金曜日

船頭指南

 商家の堀割では、わざ指南道場として年5回、船頭指南を実施しています。
 船頭指南は、竹竿1本で和船を操縦する技を実践的に学ぶことができます

「船徳(ふなとく)」という古典落語の中に「竿は三年、櫓は三月(みつき)」というフレーズがでてきますが、これは隅田川の渡し舟の船頭が修行に要する月日を表しています。竿を使い、船を操ることはとても難しく、技術が必要でした。


 7月15日には今年3回目船頭指南を実施しました。

  午前中に体験をしていただいた方は栃木県からお越しくださいました。
  そしてなんと!!回目から3回目まで連続で船頭指南の体験に参加してくださっています!



 子どもの頃、近くの川で船遊びをされていたそうですが、それも今から〇〇年前。
 年月が経っても体は覚えているもので、操縦がとてもお上手。しかも船を漕ぐのが早い早い!




 また、午後の体験をしていただいた方も以前、船頭指南に参加してくださいました。



船頭指南 講師の大野さん
                      


次回船頭指南は9月22日、10月20日です。
①10:00~11:30 1名
②13:00~14:30 1名 
(※申込〆切は各回開始30分前まで)

10月の予約体験は、9月3日~受付開始となりますので皆さまのご参加をお待ちしております。

―追記―
 船頭指南の体験をしているとお客さまから「船はどこから乗れますか?」と尋ねられます。残念ながら、こちらの体験日には船に乗ることはできませんが、当館のまつりの際、お客さまが乗船できる和船体験を実施しています。

 8月11・12日「むらの縁日・夕涼み」には和船体験を行いますので、まつりとあわせてお楽しみください(※当日予約受付。雨天の場合は中止とさせていただきます)。 (み)

房総のむらの花だより

 本日は、前回に続きヤマユリの株数を園路から見える範囲で数えてみました。
観察範囲は前回の続き、むらの架け橋から北側のエリアです。
 おおよその数ですが、ツボミの有るもの無いものすべての株数です。

●おまつり広場の歌舞伎舞台裏周辺⇒13株
●おまつり広場から草木の観察路上がり口までの坂道南側周辺⇒55株
●草木の観察路の上り坂の南側周辺⇒48株
●草木の観察路の上り坂の左側周辺⇒52株
●水車小屋のある谷間周辺⇒17株
●水車小屋から下総の農家へ向かう坂道周辺⇒21株
●下総の農家前から草木の観察路上がり口までの右側周辺⇒36株
●下総の農家前から草木の観察路上がり口までの左側周辺⇒188株
●下総の農家の裏周辺⇒55株
●下総の田んぼ周辺⇒13株
●下総の田んぼからバイパス側の坂道周辺⇒21株
●茶店から水車小屋へ向かう坂道周辺⇒80株
●以上、599株を数えました。なお、下総の農家の母屋裏の林では、20輪ほど
開花が見られました。その他の場所はごく僅かの開花で、これから本番になり
そうです。

















----------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。7月13日(土)
の観察に基づいています。(風)

2019年7月17日水曜日

朝は絶好調なんです!~房総のむらの変化朝顔~

7月13日(土)~9月8日(日)まで、「江戸の花卉(かき)」の展示の一環で朝顔を商家の町並みに展示します。いろいろな変化が「花」として楽しめるので、江戸時代には盛んに栽培されました。

朝顔には、普通の朝顔と変化朝顔があります。遺伝子に優劣の差があり、小学校で観察日記を付けたり、普段住んでいる家の周りで一般的にみられる普通の朝顔の他に、変わった特徴を持つ変化朝顔があります。



青並葉 木立牡丹紅覆輪星咲

上の写真の朝顔は変化朝顔の一種で、「青並葉 木立牡丹紅覆輪星咲」という名前です。「あおなみは こだちぼたんべにふくりんほしさき」と読みます。最初に聞いた時には、呪文のようでしたが、それぞれの部分に意味があることがわかりました。
青並葉は葉の形と色、木立はつるが伸びない、牡丹紅は花全体の色、覆輪は白いふちの部分、星咲は花の形を表します。
このように変化朝顔の名称は、葉の形と色・つるの様子・花の色や特徴・花の形を順番に示したものになっています。



町並みの展示の様子


朝顔の種は、愛好している個人の方や他の博物館・大学から譲り受けたものを房総のむらで大切に育てて咲かせています。


黄蝉葉 栗皮茶丸咲大輪(きせみは くりかわちゃまるさきだいりん)
別名 団十郎


朝顔の咲く時期は生育状況で一鉢づつ変わりますがそろそろ色々な花が咲きます。葉やつるの様子を含め、ぜひ珍しい朝顔を見に来てください!!(い)


















夏休み親子宿泊体験 上総の農家にて

 去る7月14日・15日に茅葺屋根の農家に宿泊してかまどでご飯を炊いて、畑で収穫した野菜を使ったおかずを体験者同士で作りました。昼間は製作体験、夜は里山を散策して昆虫観察を行いました。応募多数の中から抽選された家族3組12名が参加しました。
 

 小雨が降ったり止んだりの中、製作体験に挑戦しました。
 
 
 
箸作りに挑戦。夕ご飯や次の朝の朝食用の箸を作りました。

 
 箸作り後、親子で竹の紙鉄砲作りに挑戦しました。篠竹を使って、普段使用しないナイフやノコギりを使い、20㎝ほどの筒と10㎝ほどの握り手にしました。初めての小学生が多い中、技術員の指導で上手に作ることができました。最後は新聞紙を濡らして筒の中の径に合わせて、団子状にした紙を筒に押し込み試し打ちを行いました。的を用意したのでとても盛り上がっていました。

 
 夕食は、畑で採れたインゲンやオクラ、かぼちゃを使って肉のない肉じゃがやきゅうりと大葉(あおじそう)の塩もみの漬物などを上手に作っていました。さすが主婦ですね!
 なお、料理にはお父さんとそのお子さんも一緒に手伝い、おぼつかない中で、手も切らずとても上手でした。

 



 夕ご飯は、主屋のかっての間で、技術員に手伝ってもらい、赤飯を蒸かして、参加者は楽しく召し上がっていました。





かっての間での夕食



 夕食後、いいよ里山観察です。やや小雨の中、昆虫談話会の皆様に案内していただき、ナイトハイクを楽しみました。昆虫は、小雨の中でしたのでやや少なめでしたが、カブトムシやノコギりクワガタなど観察されました。
 雨の朝、6時起床して朝食後を済ませ、参加者はやや眠い様子ではありましたが、蚊帳を吊った寝床で一晩を過ごし、貴重な体験ができたと思います。9時までに片づけ等を行い帰路に向かいました。

 なお、今週の20日と21日に下総の農家で宿泊体験が行われます。天気予報はあまりよくありませんが、抽選された3組の家族が上総の農家同様に体験されます。天候に恵まれますよう願っています。(ひ)

 

2019年7月14日日曜日

雨の日の房総のむら


 今日は、房総のむらは雨です。

雨が降る町並み
 
 雨の日はお客様も少ないのですが、商家の町並みは静かで本当に江戸時代にタイムスリップしたみたいです。
 
池のハス
 
 館内で咲いている様々な花達も、雨に濡れて風情があります。
 
アジサイ・ベニバナ・ヤマユリ・ガクアジサイ


 体験等も比較的空いているので、雨の日はねらいめかもしれません。
 
 ぜひ、雨の日も房総のむらをお楽しみください。
 
 
 

2019年7月13日土曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館からむらの架け橋までのエリア内のヤマユリの株数を園路から見える
範囲ではありますが、数えてみました。おおよその数ですが、ツボミの有るもの無いもの
すべての株数です。

●資料館から竪穴住居周辺⇒20株
●上総のため池から上総の田んぼ周辺⇒23株
●竹林の坂周辺⇒16株
●炭焼き小屋から上総の田んぼまでの坂道周辺⇒31株
●炭焼き小屋から上総の林の中道周辺⇒45株
●資料館連絡通路周辺⇒22株
●上総の農家から武家屋敷裏周辺⇒5株
●武家屋敷北側の林⇒5株
●よしず小屋からむらの架け橋周辺⇒10株

●以上、177株を数えました。なお、下総の農家の母屋裏の林では、20輪ほどの開花が
見られたとの情報が有りますが、今回の観察エリアでは、上総の林の中道の途中のベンチ
近くで4輪が観察できただけでした。














--------------------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。7月12日(金)の
観察に基づいています。(風)


※自然観察会のお知らせ
 自然ガイドボランティアでは、月に一回、土日のいずれかを利用して来館者を対象とした
「自然観察会」を開催しています。
 7月は下記の予定おこないますので、興味のある方是非ご参加下さい。

○日時 : 7月21日(日)午前10時30分から1時間程度(雨天中止)
○集合場所 : 総屋前
○今月のテーマ : 「初夏の萩 秋の萩」
○参加費 : 無料(むらの入場券必要)