2019年10月19日土曜日

房総のむらの花だより

 本日は、上総の田んぼを中心に観察し、その後上総の畑から堀割広場を回りました。


●ホトトギスやセイタカアワダチソウが咲き始めました。

●資料館脇のオミナエシの花は、長く咲いていて、果実も出来ていました。

●花径3mmの小さな花のハシカグサが、資料館脇で咲いていました。

●カナムグラの花は雄花が咲きに目立ちましたが、雌花が目立つ時期になりました。

●稲刈りの終わった田んぼでは、ミゾカクシ、コケオトギリ、ヤナギタデ、タカサブロウ、トキンソウ、イボクサ、イヌガラシ、チョウジタデが生えています。
 チョウジタデ(丁字蓼)の果実は、漢字の「丁」の字に似ていると言われます。

●田の排水路にサワガニがいました。

●イネ科の地味な花が咲いています。ササガヤ、チヂミザサ、カゼクサ、コブナグサ、ススキ、キンエノコロ、メヒシバ、ヌカキビ、オヒシバなどです。
 コブナグサの花は5cmくらいで小さいですが、ススキの形によく似ています。

●ガガイモの果実が割れ、中から種子が出てきました。通常の割れ方と違い、割れ目が不自然でした。
 種子に付く毛を種髪と言い、果実に付く毛は冠毛と言います。

●クワクサの葉は、樹木の桑の葉に似ていることからの名前です。

●チャノキ(お茶の木)の花が咲き始めました。蜂がよく集まるので、近づくには注意が必要です。


-----------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。10月11日(金)の観察に基づいています。 (風)

2019年10月6日日曜日

『秋のまつり』本番です

 10月5日(土)、6日(日)と「秋のまつり」を開催しています。5日(土)は、気温は高かったものの、晴天に恵まれました。6日(日)は、あいにく曇り空ですが、気温はぐっと下がり過ごしやすくなっています。両日ともに「秋のまつり」として特別な演目・体験を実施しています。その中からいくつかを取り上げて紹介します。


演武中島流炮術(左)と時代衣装変身体験(右)

  5日は中島流炮術をおまつり広場で行いました。江戸時代の衣装に身を包んだ方に鉄砲を撃つ演武をしていただきました。もちろん鉄砲は空砲でありましたが、「ドン」、「ドーン」という音は房総のむらじゅうに響いていました。時代衣装の体験は、着物・羽織・袴・ドレスなどお好みの衣装でむらの中を歩くことができます。

房総の地酒 利き酒会(左)と小さな畳のコースター(右)
 
 商家のエリアでは、さまざまな体験ができます。房総の地酒の利き酒会は、お酒好きな方で店先は賑わっていました。千葉県内各地の蔵元から取り寄せた日本酒を口にできます。小さな畳のコースターは、畳の原料であるいぐさを使うので、身近にいぐさの香りを楽しむことができます。

お箸作り(左)と和船体験(右)
 堀割と堀割広場では、お箸作りと和船体験ができます。大工さんの作業に必要な、鉋(かんな)・鋸(のこぎり)・紙やすりを使い、普段の食事で使える箸を作れます。和船体験は、船頭さんの漕ぐ和船に乗って、掘割の中を往復します。船からは、普段と違う光景を見ることでき、乗り終わったお子さんは「おもしろかった!!」と笑顔になっていました。

みそまんじゅう(左)と縄文ハンター(右)

 下総の農家では、みそまんじゅうを食べることができます。みそとまんじゅうが一緒になるとどんな味になるのか、ぜひご賞味ください。風土記の丘資料館では、竹の弓矢を使って縄文ハンターになれます。的に当てるには、矢をまっすぐ飛ばす必要があるのですが、なかなかうまく出来ません。

 6日も同様にまつりを行っています。中島流炮術に変わり愛宕跳ね太鼓・銚子大漁節をお見せします。演武以外は、本日も実施しています。ぜひ、房総のむらに出かけてみて下さい。お待ちしています。(い)










2019年10月5日土曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館の裏手を通り、上総の田んぼ、竹林の坂、上総の農家、上総の畑、堀割、資料館連絡通路を観察しました。

●ススキはイネ科です。イネ科の花は他の植物とは違い、特殊な構造をしています。ススキの葯(雄しべの先端の袋状)と柱頭(雌しべの先端でブラシ状)が観察できました。

●ヒガンバナが咲き始めました。花径の先端に5~7個の花が付き、1個の花は6個の雄しべと1個の雌しべで構成されています。雌しべは雄しべより長く、先端が細く尖ります。
 上総の農家では、白花のヒガンバナが咲いています。

●カナムグラは、雌雄異株で、雄花は上向きに、雌花は下向きに咲いています。雌花の形はビールに苦みを付けるホップの花に似ていると言われています。

●ゲンノショウコの赤花が、堀割の岸で咲きました。(白花は風土記エリアで咲いていました)

●サネカズラ(ビナンカズラ)の果実は、まだ緑色をしています。

●ホトトギスにようやくツボミが出来ました。

●ウリクサの果実は、マクワウリに似ていると言われます。

--------------------------
◎以上は、自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。9月27日(金)の観察に基づいています。 (風)


※自然観察会のお知らせ
 自然ガイドボランティアでは、月に一回、土日のいずれかを利用して来館者を対象とした「自然観察会」を開催しています。
 10月は下記の予定で行いますので、興味のある方は是非ご参加下さい。

○日時 : 10月13日(日)午後1時30分から1時間程度(雨天中止)

○集合場所 : 総屋前

○今月のテーマ : 「ナタマメの話」

○参加費 : 無料(むらの入場券必要)

2019年10月3日木曜日

令和元年度『秋のまつり』開催のお知らせ


 台風15号の影響により倒木などで一部立ち入りを規制していたところも、復旧作業が進みほぼ解消できました。これから秋に向かう房総のむらの自然景観を、十分お楽しみいただけるようになったかと思います。

 さて、『秋』と言えば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。
 読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋……

稲穂をくわえたぼうじろー

  実りの季節でもある秋には、全国各地で収穫に感謝するおまつりが行われます。房総のむらでも、今週末10月5日(土)・6日(日)に『秋のまつり』を開催します。

 例年9月に開催し、親しまれてきた『稲穂まつり』ですが、台風が多い時期ということもあり、昨年度より『秋のまつり』と改めて10月の開催となりました。

 今年で2回目を迎える『秋のまつり』では、大漁を祝う民俗芸能として愛宕跳ね太鼓・銚子大漁節を上演するほか、江戸あやつり人形や玉すだれ、曲独楽などの大道芸がおまつりをにぎやかに盛り上げます。

 また、特別演目として中島流炮術千葉城鉄炮隊による演武も上演予定です。普段はなかなか目にすることができない迫力満点な炮術をお見逃しなく!

 人気の時代衣裳変身体験もございます。お友だちやご家族で衣裳を揃えるのもおすすめです。
 身も心も昔の時代へタイムスリップしてみませんか?

水戸黄門御一行 
 
 


皆さまのご来館を職員一同お待ちしております!
秋のまつり担当(ち)


2019年9月26日木曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、むらの架け橋を渡り草木の観察路、安房の農家、安房の畑、下総の農家、水車小屋前の坂、下総の田んぼを巡り、帰りに武家屋敷を観察して戻りました。


●ツルボの花が最盛期です。上総の果樹園の梅の木の下では大群生しています。

●キバナアキギリがポツポツ咲いています。本番はこれからです。

●ヒヨドリジョウゴやカラタネオガタマの果実が赤くなりました。

●ボントクタデは本蓼(ホンダテ)のように辛くありませんが、花はそっくりです。水辺に良く生えるフタバムグラが上総の果樹園に沢山生えていました。

●サルスベリの花の構造です。
 花びらは6個で、付け根は細く筒状。
 外側の雄しべは6個で、太く葯(やく)は紫色。
 内側の雄しべは多数で、細く葯は黄色。
 雌しべは1個で、中心から外側の雄しべ方向にカールする。


--------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。9月20日(金)の観察に基づいています。(風)

2019年9月23日月曜日

より高度な技が光る~彫刻刀または篆刻刀~

 9月8日(日)15日(日)23日(日)の3日間、商家町並み鍛冶屋において「彫刻刀または篆刻刀」の製作体験を行いました。彫刻刀の体験では版木刀か平刀のどちらか選べます。篆刻刀の体験は、印鑑の材料に文字を彫るための鉄筆(てっぴつ)を作ります。この体験は「刃物」を作りますので、18歳以上の大人が対象となる体験です。


 
 指導者の先生は、北島和夫さんです。製品を作る場合に、すべてを叩き出して作る「総火作り」ができ、千葉県でも指定伝統的工芸品製作者に指定されている職人さんです。普段は下総鋏、ラシャ切り鋏などの刃物を作っています。
 

 作り方は最初に鉄を火の中に入れて温め、先端を打ちます。鉄の部材の先端を「刃」にするため細くするものです。次に鉄の部材を、細くすると先端は横に広がるので、「刃」の裏表と両横をヤスリで削ります。そして、炭の温度を見ながら鉄を堅くする焼き入れを行います。最後は荒い砥石と仕上げの砥石を使い、「刃」に曇りがないよう研ぎ出します。

焼き入れ
 
  体験に来た方は、夏に親子鍛冶屋教室で文鎮を作りました。息子さんも興味深く完成した篆刻刀を眺めていました。



 彫刻刀、篆刻刀の鋭い「刃」を、伝統工芸品を作る職人さんと一緒に作る体験をしてみてはいかがでしょうか!!!(い)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 































  




2019年9月20日金曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、竹林の坂、上総の農家、上総の畑、呉服の店裏の畑、堀割、資料館連絡通路を観察しました。
 今週初めに訪れた、台風15号による樹木の倒木や枝折れが非常に多く見られました。


●ツルボが咲き始め、ススキはようやく沢山見られるようになりました。

●ため池のそばにはツユクサが、上総の農家にはムラサキツユクサが咲いています。

●コナラ、ガマズミ、ヤマウド、ヤマコウバシ、カキノキ、イヌマキなど樹木の果実が実っています。

●むらの中に多くある野菊のシラヤマギクとシロヨメナはこれからもっと増えるでしょう。

●秋の野草としてキバナアキギリが少し咲き始めました。

●クワクサ、エノキグサはとても地味な野草ですが、花が咲き始めました。

●上総の果樹園でフタバムグラの果実が出来ていました。この草は、田んぼの近くなど湿った場所に良く生えるのですが、果実園のやや乾燥した場所にあったので意外に思いました。


---------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。9月13日(金)の観察に基づいています。 (風)