2017年7月22日土曜日

大暑(二十四節気)桐始結花(七十二候)7月23日~27日


7月23日は、二十四節気で最も暑いとされる「大暑」です。暑いはずですね。たまりません。昔よりも気温が高いと感じるのは私だけでしょうか。
七十二候では「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」です。桐は、5月頃に花が咲きますが、大暑の今頃に卵形の実を結びます。桐は、秀吉の家紋でよく知られますが、日本国政府の紋章としても使用されております。写真は、重要文化財「旧御子神家住宅」の庭の桐です。

商家の町並み「細工の店」の達人講座「竹細工コース」です。年6回の講座で、真竹などの竹割き、ひご作りの練習を積み重ね、体験者の技術と希望に合わせた竹細工作品を作ります。

こちらが、達人講座「竹細工コース」で製作する作品の例です。

今年の「土用の丑」は、7月25日と8月6日です。こちらは、商家の町並み「川魚の店」のわざ指南道場「うなぎ裂きの技」の体験中です。講師の先生のもとで、ウナギを捌いているところです。
 こちらは、「うなぎの蒲焼き」体験です。体験では、捌いてあるうなぎに串を打ち、炭火で白焼きして、蒸した後にタレを付けて蒲焼を作ります。想像できるでしょう、炭火で熱された油と甘辛いしょうゆだれが作る”あのにおい”です。たまりません。体験は8月にもありますが予約が必要です。
 夏休みに入りました。親子・家族での来館者が増えています。こちらは、商家の町並み「木工所」の「親子木箱作り教室」で完成した箱をもって記念撮影の親子です。お父さんは、蓋はまな板になるので、箱の中に包丁などを入れてキャンプで使いたいと言っておりました。
 こちらは、子ども里山観察会「里山の虫たち」です。先日の夜の観察会に続いて、夏の虫の観察会です。今日は、カブトムシ、オニヤンマなどを観察しましたが、説明の専門家もびっくりの発見がありました。ナナフシモドキのオスが見つかったのですが、オスが見つかることは非常に少なく、千葉県では初めてではないかとのことでした。子どもたちは、目を輝かせて、話を聞いていました。写真は、シートの上の虫たちを観察している子どもたちです。

2017年7月20日木曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、竹林の坂、炭焼き小屋から武家屋敷裏、堀割を巡って資料館へ戻りました。ここのところ梅雨明けを思わせる酷暑の毎日が続いています。

●ヤマユリは斜めになったものが多く見かけられます。倒れたものをヤマノイモの蔓を使い、姿勢を直しました。
●ムラサキシキブに果実が出来、コムラサキには花が咲いていました。
 ムラサキシキブの花は葉の付け根から花柄が伸び、コムラサキの花柄は葉の付け根から少しずれて伸びるという違いがあります。
●ニガキとウワミズザクラが近くに生えている場所があります。果実が木下にある水路に沢山落ちていました。双方の果実ともに十分に熟していました。
●ハバヤマボクチの茎は、今年は高く伸びてきました。花期は10月、開花を期待しています。
●キノコのマンネンタケが生えていました。近くに子実体も生えていました。子実体とは簡単にいうと「キノコの子ども」。マンネンタケは「霊芝(レイシ)」という名の多くの薬効を持つ生薬になります。
●竹林の坂近くのガマズミの幼木の先端部で、小さなアリがアブラムシに群がっていました。アリはアブラムシから食料をもらっているところです。

------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。7月14日(金)の観察に基づいています。 (風)

ヤマユリ情報 その後


写真はヤマユリ情報№5で紹介した16個の蕾を持つヤマユリです。
数日間休暇をいただいている間に咲きだしていました。7/2に3cmだった蕾は、下の方から咲きだし、先端部の6個がつぼみの状態です。
明日咲きそうな白い蕾は長さが12.5cm程でした。高さ2mを超えるため、先の部分が重く、弓なりに曲がって地面に届きそうでしたので、つっかえ棒を立てて写真におさめました。
 
下の写真は、ちょと色づきが変わったヤマユリです。花弁先端近くで黄色の筋と白い花弁が赤味を帯びたものです。
 
いち早く咲きだした下総・安房の農家付近のヤマユリの花は、峠を越えたと言った感じです。(フ)

2017年7月19日水曜日

ヤマホトトギス咲く




先週蕾だったヤマホトトギスがひっそりと咲いていました。
華やかさはありませんが惹かれるものがあります。


ユリ科の多年草。
  花は茎頂や上部の葉腋に散房状に上向きにつき、 花被片は斑点が大きくて上半部が反り返ります。





ヤマユリも蕾を沢山付けているのもありますのでまだまだ楽しめそうです。
画像は古墳広場のヤマユリです。(マ)


 

 











2017年7月15日土曜日

旧御子神家に咲く花

今、むらはヤマユリがとても綺麗に咲いています。
そんな中、他の花にも目を向けてみました。



花魁草です。
えっ?花魁草(オイランソウ)と思われる方も多いのではないでしょうか。
一般にはフロックスと呼ばれていますが「房総のむら」には「花魁草」の方が時代設定の関係でピンと来るような気がしましたので、あえてこちらの名前にしました。
回りに同じ位の草丈のものが沢山生えていますが、この花だけ色があり目立ちます。



そして、こちらはヤマホトトギスと思われます。
この小さな蕾、いつ頃花を咲かせてくれるでしょうか?









最後はやはりヤマユリ。
万葉植物園に咲いています。
無料区域の遊歩道周辺にもたくさんのヤマユリが咲いています。(マ)



小暑(二十四節気)鷹乃学習(七十二候)7月17日~22日

七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)」は、鷹のひなが巣立ちの準備をする頃。房総のむらの52ヘクタールの敷地内には、鷹などの猛禽類もいるようですが、営巣は確認できませんでした。そこで、こちらは、房総のむらに一番近いJRの駅「下総松崎駅」の駅舎内のツバメのヒナの様子です。もう、巣立ちもまじかのようです。 

「風土記の丘の資料館」では、柏市、流山市を走っている常磐自動車道の建設によって発掘された考古資料の展覧会が始まりました。「常磐道の遺跡展 悠久の歴史を旅して」です。9月24日まで開催しております。 

「安房の農家」の「七夕馬作り」の実演風景です。7月15日は盂蘭盆会、この日にお盆の行事を行う地域もあると思います。作っているのは、千葉県南房総市旧富山町で作られていた「七夕馬」です。植物のチガヤを干して乾燥したものを使いますので、色は薄い緑色で、新しい畳表のような香りがします。手前の頭が輪状のものが牛で、後ろの頭部分が撚っただけのものが馬です。 
今日は、「上総の農家」の「かまど」に火が入っていました。明日からは、農家の「親子宿泊」体験です。このかまどで、自分達が食べるものを料理します。かまど焚きのご飯はおいしい!おかずは、目の前の畑から採ってきて調理します。夜は「蚊帳」の中で寝ます。電気・ガスのない時代にタイムスリップ。 
「町並み辻広場」に江戸時代から続く「変わり咲き朝顔」の展示が始まりました。まだ、本葉も少なく、支柱にも巻きついていませんが、これからです。「夕涼み」(8/12・13)の頃には、花が咲いていると思います。どんな花が咲くか楽しみです。
その「変わり咲き朝顔」の苗を、販売しています。海老茶というよりは薄い茶色に近い大輪の花が咲く「団十郎」(二代目團十郎が歌舞伎十八番「暫」で用いた衣装の色が海老茶色であったことに因むと言われる)と、支柱が必要のない「木立」です。容器は、房総のむらの「登り窯」で焼いたものです。ご自宅で、江戸風情をお楽しみください。


2017年7月14日金曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、炭焼き小屋、上総の農家から商家町並み、堀割を通って復元竪穴住居跡を経て資料館へ戻りました。

●リョウブの花は盛りを過ぎて、実になってきました。花の最盛期に来ていた蝶は来なくなりました。
●ハリギリの花が満開です。センノキと言われ家具の有用材です。
●ムベの実が大きくなりました。
●サカキ(本サカキ)の花が咲き終わっていました。花が一輪だけ残っていましたが、最盛期の花と印象が違います。
●ナンテンの花が満開です。
●ノウゼンカズラの花が満開です。房総のむらには少ないですが、他では多く見ることが出来ます。
●キキョウ・カワラナデシコとも秋の七草で、秋に咲くという印象がありますが、もう咲き出しました。
●ヤマニガナは2m近くの背の高い草です。葉の形は卵形のものが普通ですが、今回観察した葉の形は、羽裂するものもあるということなので納得しました。

-------------------------------------------------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。7月7日(金)の観察に基づいています。(風)

※自然観察会のお知らせ 
 自然ガイドボランティアでは、月に一回、土日のいずれかを利用して来館者を対象とした「自然観察会」を開催しています。
 7月は下記の予定で行いますので、興味のある方は是非ご参加下さい。
○日時: 7月16日(日) 午前10時30分から1時間程度(雨天中止)
○集合場所: 総屋前
○今月のテーマ: 「ユリ」
○参加費: 無料(むらの入場券必要)